若い世代の方が加入する生命保険について

生命保険は、がん保険や女性保険、学資保険等のように、目的を持った加入の仕方をする事が出来るものですが、ライフシーンによって加入する事を検討する事も出来る事が特徴的です。
単純に加入しておけば良いと言うものでは無い事から、ライフシーンについてどのような場合に加入する事が望ましいのか、就職や転職をした場合の生命保険について考えてみました。

就職した場合の生命保険

新卒はもちろん、若い世代の方にとっては生命保険と言うのは保険料が負担になると言うイメージを持っている方も少なくは無いと言える。
しかし、社会人になったからこそ、自分自身の事には責任を持たなければならないのだ。
就職や転職をするような若い世代の方が加入する生命保険は、単身であれば、少額の生命保険でも十分だと言える。
また年齢が若い方が保険料も安く済む為、本当の意味で万一の時に備えると言うプランに加入する事がお勧めであると言える。

収支のバランスを考える

若い世代の方でも高額な収入を得ている方も少なくは無いが、入社1年目から年収が1000万円と言う事は無いだろう。
具体的な保険料でいえば、自分の収入の1割から2割程度の保険料を目安にしたプランが良いと言われており、3割を超えると高額保障を確保する事が出来ると考えておいて良いだろう。
ggre
将来結婚する事を考えるのであれば、保険料の安いうちから加入しておき、結婚等のライフシーンの変化により、国内生命保険ランキングを設計しなおすと言う事も有効であるのだ。
また、若い世代のうちから、貯蓄性の高い保険商品に加入しておけば、保険料も安く資産を作る事も出来る為、資産についても考えながら加入する保険のタイプを選ぶ事がお勧めだと言えるのである。
生命保険には様々な種類があるが、大手生命保険会社だけでなく、中小の生命保険会社でも良い保険商品を取り扱っている事も多くあります。
どこの生命保険に加入したら良いのかを考えた場合に、専門用語等が多くて途中で面倒になってしまう事もあるかもしれませんが、生命保険には最低でも1つは加入しておきたいものです。
理想的な生命保険の加入方法とはどのようなものがあるのでしょうか。

現在は死亡保障よりも医療保障の充実が優先

近年では生命保険と言っても、高額な死亡保障よりも、充実した医療保障を求める傾向が強くなってきていると言える。
それは、日本全体で、長寿社会になってきている事や、医療技術の進化により、難病と言われていたがん等も延命や完治する時代になったからだと言えるのだ。
ひと昔前までは高額な死亡保障を備える事こそが残された遺族への愛の形のようなイメージだったが、現在はどれほど家族に迷惑を掛けずに病気やケガを治すかと言う点に重点が置かれているようである。

現在は死亡保障は葬式代があればOK?

前述したように近年では長寿社会と医療技術の進歩により、難病も治る時代となっている事から、医療保障を重要視する傾向が強まっているが、肝心の死亡保障については、自分の葬式代が間に合えば良いと言う程度の保障を準備する方が多くなっていると言える。
多くても1000万円未満である事が多くなってきており、死亡保障に対する注目度は若干下がり気味であると言える。
しかし、死亡保障の部分を小さくする事により保険料も安くする事が出来る為、日常生活に密着した生命保険の設計が出来るようになったと考える事も出来、「生存中に使える生命保険」の時代がやってきたと言っても良いのではないだろうか。

更新情報

△PAGE TOP