集中力を高めるストラテラ

ストラテラを服用するとどうして集中力がアップするのか?AHADの治療ならストラテラで症状を改善。 - ストラテラを個人輸入することは問題ではないのか

ストラテラを個人輸入することは問題ではないのか

ストラテラはドラッグストアで購入をすることはできません。
医師の処方が基本的には必要となっています。
しかし、個人輸入という形で処方箋がなくても購入をすることは可能となっています。
そこで、個人輸入をすることは問題がないのかという点について考えていきましょう。

処方薬という取り扱いについて

ストラテラは2009年の日本における承認から「処方薬」としての取り扱いになります。
ご存知の通り、医師からの診断・処方箋がなくては入手することができないとされている薬剤なのです。
ですが、個人輸入でも購入ができる薬剤でもあるのです。
個人輸入をするという場合、処方箋は不必要となるのですが、法律的な問題を懸念されるかもしれません。
しかし、法律的に見るとこのような行為は問題となりません。

注意事項を守ることは大前提

ストラテラを個人輸入していただけることはお分かりいただけたかと思いますが、前提条件というものもあります。
個人輸入をする場合、個人の範囲で利用をすること・本人が購入をすること・譲渡や販売を目的としないなどといった注意を守ることが必要です。
また、1度に大量のストラテラを購入することはできません。
さらには、副作用などに対する責任・症状との適正についても個人の責任になります。
この点について納得したうえで購入をすることが大切です。

価格について

価格についてはレートによって変化します。
どうしても安く抑えたいという場合には、ストラテラのジェネリック医薬品もリリースされていますので検討してみるのも良いでしょう。

ストラテラを個人輸入する

今回は個人輸入についてみていきました。
行為そのものは違法ではないことが理解していただけたかと思います。

関連する記事

Copyright(C)2017 集中力を高めるストラテラ All Rights Reserved.